合理的な賃貸経営とは|不動産投資セミナーで知識をガッツリ蓄えよう
女性

不動産投資セミナーで知識をガッツリ蓄えよう

合理的な賃貸経営とは

女性

1棟から2棟程度の小規模な賃貸ビルやマンションの経営では、オーナー自身が家賃の徴収などの管理業務を行うのが一般的です。一方で経営規模を拡大する場合には管理業務全般を外部に委託するのが理想的であり、特に日常的な清掃から大規模修繕まで幅広く対応している賃貸管理会社が便利です。管理プランや料金の見積もりを依頼するのが良い賃貸管理会社を選ぶコツであり、特にクレーム処理や緊急時の対応の素早さに注目するのがポイントです。不動産会社系の賃貸管理会社であれば入居者募集のサポートも依頼できるので、稼働率の低下で悩んでいる賃貸オーナーも安心です。保有する物件の質を高めて賃料収入を増やしたいときには、物件のリニューアルを積極的に進める取り組みが求められるでしょう。

満室経営を実現するのが理想的ですが、ハイグレードな賃貸オフィスやマンションであっても、稼働率が95パーセントで頭打ちになるケースが多いです。フル稼働を目指すためには、賃貸管理会社に調査を依頼して、空室が生じる理由を的確に把握することが大切です。特に稼働率が7割を下回っている場合には、地域の賃貸需要とのミスマッチが最大の原因であり、速やかにリフォーム工事を行うべきでしょう。シングル向けの物件をファミリー向けの物件に改造するなど、賃貸マンションの需要の変化に臨機応変に対応することが重要です。ハイグレードな賃貸オフィスに改装するのが時代の大きな流れであり、賃貸管理会社の助言を参考にして、耐震性を高める大規模改造工事を行うのが賢い戦略です。